FC2ブログ
石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
朝9時に私は清水にいた、すぐに電車に飛び乗った…。

今日は小学校の離任式、三女(2年生)の先生が転任すると

聞いたのはつい最近、先生は言わなかった。

私はこのクラスの学級委員をさせて頂いた。その関係で先生と

生徒が最後のお別れをする時間を一緒に過ごす事ができた。

若い先生だが、筋の通ったまっすぐな先生だった。子供や親から

も信頼が厚く、まだこんな先生がいたんだという感じだった。

ただ良く泣く先生だった。娘はこんな先生に1年間御世話になった

のは本当に幸せだった。


DSCN1991.jpg DSCN1946.jpg
               みんなでキセキを熱唱!

お別れが近づいた頃、もう先生は涙でいっぱいで言葉に

ならなかった。鼻をすする音の中、私は子供達に目をつぶらせた、

先生と過ごした日々を思い出し、改めて先生に感謝して

もらいたいと…そして最後に『1年間ありがとうございました』

とみんなで大きな声で感謝の気持ちを伝えた。

そして、生徒が書いた手紙を一人づつお花と一緒に手渡した。

DSCN1955.jpg  DSCN1982.jpg
泣きじゃくる生徒

人は生きている以上、必ず出会いと別れある、それは友人だった

り、恋人だったり、二度と会うこのとない別れもある。

子供達はその繰り返しで成長していくのだろう。

今日の別れは、幸せの別れだと思った。

生徒も先生も新たなスタートを切っていったのだと…。




【2010/03/29 23:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック