石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



6月25・26・27日に最後の復興支援に行ってきました。

現状は写真を見て頂ければ解る通り、墓地の復興はまだまだです。

私にとって何より、青年部のメンバー11名と共に一つの希望に

向かって作業できたことが、大きな糧となりました。



スポンサーサイト

【2012/06/27 21:47】 | 未分類
トラックバック(0) |


昨年、あるお爺さんが話てくれた。
「あの日、孫は津波に流され二度と帰ってはこなかった。
その距離1m たった1m手を伸ばせばあの子は助かった。
泣きながら流されていく孫の顔が今でも頭から離れない・・・
早くお墓を元に戻し、手を合わせたいんだ・・・。」

25日より静岡県石材組合青年部11名の若手石材人が、被災地に
向かい最後の復興支援に入ります。無論ボランティアです。
最初は4名だった支援の手が、今回は10名を超えました。
被災されたお寺のご住職がこんな話をしてくれました。絆と
いう字は『糸』と『半』と書く。お墓を通じてあの世とこの
世で半分づつで繋がっていた。しかし、その生と死を結ぶ糸が、
お墓が倒れた事によって今切れかかっている、その糸を結び
直せるのは、あなた方石屋さんだけなんです。心に大きな衝撃
を受けました。部員たちはお墓がただの石でないことは知って
います。倒れているお墓をそのまま見過ごす訳にはいかないと
言います。一つでも多くのお墓を救い上げてきます。

【2012/06/22 21:52】 | 復興支援
トラックバック(0) |


もっちー隊長
ありがとうございます。
私も石巻へボランティアに行き、無残にも倒れた墓石(さらにその上に自動車が乗っている)の光景を目のあたりにしてきました。
「がんばろう!」と思う東北の方々の心を支えることが我々のつとめだと思います。
すばらしい支援活動です。


管理人
もっちー隊長

有り難うございます。

いろいろな支援があると思いますが、この仕事で

役に立つのであれば、微力ながらお手伝いさせて

頂きます。



コメントを閉じる▲


本日、本年度の最初の事業、大BBG大会が行われました。

総勢50名の部員とその家族で大いに盛り上がりました。

本年度のスローガンは「絆・語らい・挑戦」です。

今回のイベントでは、多くが語られそして大きな絆が

生まれました。今年の島田市は最高のスタートが切れた

と思います。

【2012/06/18 00:16】 | 未分類
トラックバック(0) |


静岡新聞夕刊に父の記事が掲載されました。

読んで頂けると嬉しいです。あの日以降 父は一年をかけて

ほぼ毎日石と向かい合いました。父は「メディアには一切

出さなくていい」と言ったものの、父の背中を見て育った

私としては敬意を表したかった。後輩が影で働きかけて

くれたおかげです。

私も25日より石巻市に最後の復興支援に入ります。

【2012/06/12 23:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
写真 12-06-09 0 51 02

金谷 うしお霊園において、宗派を問わない永代供養塔が完成しました。

球体をモチーフにシンプルなデザインで設計されています。

こちらの永代使用料は一律50万円となります。

引き続き、うしお霊園では墓地分譲中です。

また、島田市営 田代霊園での墓石注文受付中です。


【2012/06/09 01:05】 | うしお霊園
トラックバック(0) |
あなたは、何の為に仕事をしていますか?

生活のため?

仕事が好きだから?

人を笑顔にしたいから?









【2012/06/03 15:30】 | 未分類
トラックバック(0) |


-
素敵な動画(本)の紹介ありがとうございました。仕事で自分を世の中に表していくものなんですかねぇ。それが人の役にたった。だから、細かいことも親切に対応したり、工夫して人も良し、我も良しになればいいのかなと思います。

コメントを閉じる▲
3年目を迎えた技術支援事業。後輩が受け継いでくれて嬉しく思う。

いかなる事態に備えて技術を習得することは大切。

努力は決して裏切らない!1年2年で結果が出ないかもしれませんが、

継続することに意味があると思う。

未来を見据えて突き進んでいきましょう!


【2012/06/03 01:42】 | 技能講習
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。