石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真 12-04-29 0 30 00

その昔、ある事故のせいで自分には仲間が0だったことがある。

というか仲間=不幸と自分で決めつけていた。

あれから18年、今は沢山の仲間に囲まれている。

時には馬鹿になり、時には真面目に語りあいながら共に成長して

いる。今は楽しくてしかたがない。ある団体では自分は太陽となり

皆に光を当てる、別の団体では海となり多くのエネルギーを頂く。

そんな仲間達に出会えて最高に幸せだ。




スポンサーサイト

【2012/04/29 01:02】 | 未分類
トラックバック(0) |
写真 12-04-27 22 44 03

お待たせしました。田代霊園 第一号のお墓が完成しました。

別に一番を狙った訳ではありませんが無事に完成しました。

特に凝ったお墓ではありませんが、お客様の意志を尊重して

製作させて頂きました。すばらしい供養になったと思います。

今後は「墓守」が大切な業務となります。





【2012/04/27 23:25】 | 田代霊園
トラックバック(0) |
写真 12-04-25 20 58 01

お茶の葉も色づき始め間もなく新茶シーズンですね(^-^)

今年のお茶はどんな感じでしょうか?私は新幹線に飛び乗り

一路東京 神田に向かいます。次世代育成ネットワーク委員会

の皆様よろしくお願いしますm(_ _)m

【2012/04/25 23:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
写真 12-04-24 22 30 08

昨日の商工会青年部役員会、がっつり会議、がっつり呑んで語る。

山崎くんがあの時間から合流、嬉しいですね~(^O^)さてこの中で

男泣きした方がいますよ~(^-^)でもあの涙は成長の涙ですね。

いいと思います!



【2012/04/24 22:56】 | 未分類
トラックバック(0) |
写真 12-04-21 11 31 58

田代霊園なう(^-^)まだ一つもお墓が建ってない…

緑に囲まれ、小鳥のさえずりが聴こえる良い霊園ですね。

【2012/04/21 11:41】 | 田代霊園
トラックバック(0) |
写真 12-04-19 22 10 39

素晴らしいスマイル!(^O^)

昨日に引き続き、今度は静岡県石材組合青年部 部長の大場さん。

先日石巻市で行われた墓石の復旧支援に一緒に参加させて頂きました。

現地では彼がリーダーシップを発揮され現場を取り仕切ってくれました。

この団体は若手石団体の中でも大変活発に活動されている団体です。

私もここで多くを学び成長させて頂きました。そして私にとって

大切な仲間が多くいるところです。大場さんには益々のご活躍を

期待したいですね!そして忘れてはならないのが影の立役者 森川さん、

表には出ないがいい仕事してくれます。彼の存在が青年部を盛り上

げています。本当に感謝したい方ですp(^_^)q

【2012/04/19 22:35】 | 青年部
トラックバック(0) |


森川
大場さんの記事、ばっちり決まっていましたね!

そして、ありがとうございます。
大場部長、そして青年部のみんなが活動しやすいようにサポートしていきたいと思います。

村田さんに青年部に誘ってもらって本当に感謝しています。ありがとうございました。


村田
森川君が入部してくれたのは必然ですよ!
少ない人数でもこれだけの事ができる。
証明できましたよね。森川君のお陰です!

コメントを閉じる▲
写真 12-04-18 23 20 10

静岡県石材組合青年部の記事が静岡新聞全県版にデカデカと

掲載されました。先日、石巻市で行なわれた墓石の復旧支援の

様子です。困っている人がいれば助けてあげたい!部員の誰もが

そう思い行動したまでです。石屋という仕事でお役にたてるなら、

青年部では全力を挙げて協力をします。

【2012/04/18 23:50】 | 青年部
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
写真 12-04-18 0 03 21

昨年の「あこがれ先生プロジェクト」で大変お世話になった

金先生出筆の本が届きました!教師でなくても親として大変

参考になる本です。

「大人が変われば子供も変わる子供も変われば未来も変わる」

今年はPTA・青少年どっぷりつかるぞ〜(^_^;)

【2012/04/18 00:46】 | 未分類
トラックバック(0) |
日本石材工業新聞さんから1枚のCDとお礼文が届きました。

この気遣いうれしいですね。有難く使わせて頂きます。

写真 12-04-15 16 59 31

【2012/04/16 02:45】 | 日本石材工業新聞
トラックバック(0) |
ある人が、おまえ身体壊すぞ!

ここのとこ平均睡眠時間3時間、自分でもよくもつなと不思議になる。

そこまでなんでやる?と聞かれたので、ただのドMだわって言ってやった。

そしたらそいつ、酔っ払ってると思ったらくそ真面目な顔して言った。

あとは俺達がやるから任せとけ!無理したって誰も喜ばねぇぞ!

夜道、一人歩きながら泣いてしまった…。もういいかな?

こんなことFBでは書けないからここで書こう…


【2012/04/13 02:36】 | 未分類
トラックバック(0) |

そうだよ!
ふくろうおじさん
村田さん
たまには手を抜いても良いと思います。
頑張りすぎないで頑張ろう!!

一番心配しているのは家族だよ!


村田
ふくろうおじさんに言われるとまたまた涙腺が・・・

セーブしていきますね、ご心配して頂きありがとう

ございます。

コメントを閉じる▲
日本石材産業協会主催による第三回石巻墓石復興支援に参加した。

今回は、第一・二回が行われた墓地の向かいにあたる墓地での復旧

となった。あの日から一年が過ぎ、周りの瓦礫は撤去されたものの

その分墓地の荒れ模様が目立ち、ここだけは震災時のままのように

見えた。地元の石材店数社が作業をしていたが、全く進んでいない

のが現状だった。今回も東は北海道、西は島根県からはるばる車で

18時間もかけて参加してくれた石材店もあった。当社も人員3名と

トラック、カートクレーンを積んで11時間かけて現地入りした。

1日に約50名ほどの作業員が現場で作業をする光景はまさに圧巻だ。

見たこともない程のブームの数。この日、作業員全員の気持ちが

ひとつになった気がした。被災した方の気持ちを考えれば、少しでも

早く墓石の修復をしてあげたいのは当然だ。気持ちは焦りながらも

急ピッチで作業は進められた。さすがに皆さんプロの石屋さんだけに

手際が良くみるみるうちに墓地が片付いていった。

わずか2日間の参加であったが、当社の従業員にも良い経験になったと

思う。普段とは違うお墓の在り方について学んだのではないか。

まだまだ被災地では私達が行って役に立つこと多数ある。1人の本気が

5人10人集まれば、急速に被災地復興に繋がるはずだ。微力ながらも

協力はさせて頂きたいと思う。

写真 12-03-31 19 29 01 写真 12-03-31 19 29 13 
写真 12-03-31 19 29 32 写真 12-03-31 19 30 15
写真 12-03-31 19 29 42 写真 12-03-31 19 30 36 
写真 12-03-31 19 30 54 写真 12-03-31 19 27 19
写真 12-03-31 19 27 59 写真 12-03-31 19 27 38
写真 12-03-31 19 28 12 写真 12-03-31 19 28 40






【2012/04/01 03:38】 | 復興支援
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。