FC2ブログ
石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

__ 2

昨日、主張発表大会が行われた。

島田市商工会青年部を代表して、初倉から田中君がエントリー、

トップバッターを務めた。5人中、唯一原稿を読まずに

話したのは彼だけだった。すばらしい主張だった。

そこにいる誰もが彼が最優秀賞だと確信していた。

しかし… 結果は優良賞、総合で3位だった。

なぜなのか全く理解できない。失礼だが、他の方は作文だ。

主張とはかけ離れている。おかしい、審査基準がなんなのかさえ

解らなくなった。皆が、こんな主張発表なんかやる意味がない!

と口々に言い放った。しかし、ただ唯一逆を言った男がいた。

そう、田中君だ。「負けは負けです。内容が悪かっただけです。

来年も、勝つまでやらせてください。」そう言ったのだ。

彼は負けていなかった。彼は全てを受け入れ、気持ちを入替、

すでに次の大会に目を向けていたのだ。

勝つことが全てではない、負けることの方が得るものが多いことが

彼には解っていたのだ。今回、私も彼にいろいろ教えられた。

平日にも関わらず、彼の応援に15名もの部員が参加した。

まだまだ篤い男達が、この青年部には大勢いる。

こんな人たちに囲まれていると自然と勇気がでる。

まだまだやれる気がしてくる。

田中くん ありがとう!

__ 1








スポンサーサイト

【2011/07/27 03:03】 | 未分類
トラックバック(0) |

おおっ!
Reso
地元に これほど篤い青年がいらっしゃるとは
こころ強い! 応援で支える皆さんの心意気も
すばらしい~

コメントを閉じる▲
石屋をしながら政治の世界に飛び込んだ男がいる。

昔から篤い男だった。ならやってくれる気がする。


【2011/07/26 22:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
6方拝とは、6つの方角に感謝をすること。

東…両親、ご先祖様
西…愛する家族
南…恩師、人生の師
北…友人、仲間、知人
天…太陽、宇宙
地…大地、自然

毎日寝る前にやってみようと思う今日この頃です。

【2011/07/25 00:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
画像1 (クリップ)

旅立ちます、旅先から幸せを贈ります。

いつの日かきっと、その日を信じて待っています。

 


【2011/07/24 23:22】 | 未分類
トラックバック(0) |
昼に地元の高校に出向き、校長先生と美術部の先生に、

秋に行われるイベントの協力要請行ってきました。

学校側も快く引き受けて頂き有難うございます。

少しづつ本番に向けて形になってきていますね。

そして、夜は25日に行われる主張発表の応援練習。

全国を狙う田中くんに最高の応援メッセージを届けに

行きます。ワクワクドキドキの1日になりそうです。

___20110723013147.jpg



【2011/07/23 01:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
現在私は業界新聞に毎月一度コラムを書かせていただいている。

今回で4回目になるが、毎月新たな感動がある。それが楽しみで

しょうがない。その感動とは、読んで頂いている読者や過去大変お世話に

なった人からの電話やメールだ。遠くは奄美大島の先輩からも電話がきた。

こんなコラム誰も読んでいる訳ないと思っていたが、予想以上に反響がある。

正直言うと、残りの8記事も全て出来上がっていた。しかし全て白紙に戻した。

全てのコラムに若い方の心に響くキーワードを盛り込みたい。

仕事への想いや熱意を若い方に伝えたい!沈んだ業界を元気にしたい!

少しでも力になれるのならそちらに神経を注ぎたい。そんな気持ちになった。

元気になりたいなら元気な人についていくことだ。そこには必ず

ヒントがある。ヒントを掴んだら実践する勇気を持とう!そうすれば

体が勝手に動き出す。動けば8割は目標に近づいたと同じだ。






【2011/07/20 22:49】 | 日本石材工業新聞
トラックバック(0) |
___20110720001348.jpg

宗派は問いません、どなたでも利用できる霊園の工事が

おおずめを迎えました。噂ではもう全部売れてしましって

いるという話を聞きましたが、販売はこれからですので

ご安心下さい。

お問い合わせはこちらまで、0120-579-148(村田石材まで)

【2011/07/20 21:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
人間には、たったひとつだけ例外のないルールがあります。

それは、いつか必ず、人生最後の日がやって来る、というルールです。

それは明日かもしれない。

5年後かもしれない。

それはわかりませんが、必ず、今日がファイナルという日がやって来ます。

そのときに笑って死ねるか?

そのときに後悔はないのか?

勝負はそこです!

どんなふうに語り継がれたいですか?

どんな伝説を残したいですか?

そのために、今日、何をしますか?

あなたはお墓にどんな言葉を刻みたいですか?






【2011/07/20 00:05】 | 未分類
トラックバック(0) |
私の好きな先生からの言葉です。

仕事をする心構えには、4つのタイプがあるという。


1.ライスワーク

ライス(飯)のために、生活のために仕事をしている人。


2.ライクワーク

好きなことを仕事にしている人。


3.ライフワーク

仕事=人生。人生をかけて仕事をしている人。


4.ライトワーク

人に光を当てる人。灯火のような存在の人。


あなたなら、なんのために仕事をしますか?



【2011/07/18 02:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
仲間の石屋さんからの依頼で、古い縫塔を削って額縁を

作っている。古い山石だろうか、キズが多くて気を使う。

ダイヤで砥石を切っているようだ。

IMG_3630.jpg

【2011/07/17 18:50】 | 石材加工
トラックバック(0) |
ついに神の領域に突入か!

暑いが自然に囲まれているのは気分がいい。

しかし、仕事以上に疲れるぞ。


IMG_6817.jpg





【2011/07/16 23:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
このところ打ち合わせや会議で殆ど現場に出ていない。

でも全く心配はない、現場には心頼できるスタッフが頑張って

くれている。本当に感謝している。

今、ようやく落ちついたので影彫りの仕上げをしたところだ。

天の川に一筋の流れ星を彫ってみた。流星に見えるだろうか?

これ以上やるとおかしくなるので帰ることにする。

IMG_3469.jpg







【2011/07/14 22:26】 | 石材加工
トラックバック(0) |
制震効果が期待できる石のオーディオボードです。様々な音響機器

で効果が証明されていますが、はっきり分かるのがやはりスピーカー

のベースです。特にフローリングや畳のお部屋では効果は絶大です。

是非お試しを!

IMG_8533.jpg

【2011/07/12 19:29】 | オーディオと石
トラックバック(0) |
切れていた感情が戻ってきた。

美しく純粋に咲く花が生まれた。

何を書いているのか本人しか分からないと思うが…

少し不安定になっている。

意識を変えなければ飲み込まれそうだ。

嵐の前の静けさか…。










【2011/07/12 02:12】 | 未分類
トラックバック(0) |
土屋さんの工房に頼まれた荷物を置きに行くと、

古い木臼の中になんとも可愛らしいお地蔵様がいた。

それは、大井川の石で作られていた。

思わずカメラを振り向けてしまった。

きっとご主人様が帰ってくるのを待っているので

しょうね。慌しい日常の中、少し心が癒されました。

photo_20110709235127.jpg
こんな素敵なお地蔵様を作っている方は
こちら

【2011/07/09 23:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
墓地で納骨のお手伝いをするために待機していると、少し

離れた所で、他のご家族が納骨式を始めようとしていた。

お墓も新しくできたばかりのようだった。納骨の時間だと

いうのに石屋さんが来ていない。私は「おかしいな?」と

思いながら見ていると、初老の男性が徐にお墓の前蓋を開けようと

していた。しかし、蓋と言っても石ですので見た目よりはるかに

重い、慣れない手つきなので、見ているこちらがハラハラした。

私は見兼ねてその場に駆け寄り手を取った。そして、

「石屋さん納骨のお手伝いに来ないのですか?」と聞くと。

お施主さんが、「蓋が感単に開くから自分でやったください」と

言われたそうだ。…かち~ん!怒りがこみ上げてきた。

「納骨までやるのが石屋の仕事ですよ!どこの石屋ですか?」

普段は他店の事は聞かないが、あまりにも腹が立ったので

思わず聞いてしましった。お施主さんは「石屋さんじゃありません

よ、○○屋さんです」私は内心ほっとした。石屋さんではなくて

よかった。と同時に新たな怒りがこみ上げてきた。

石は硬い物ですが大変デリケート、ぶつければ欠けてしまいます。

それを知らないのは素人と同じ、そんな人に石屋をする資格なし。

そんな異業種が横行するようでは困ります…。

sekou.jpg
お店で保証書と施工証明書を発行していただけるか
必ず聞いてからお墓を建ちましょう!
お墓は一生にあるかないかの大切な買い物です。








【2011/07/08 00:04】 | 未分類
トラックバック(0) |
世界の「HONDA」本田技研の創業者 本田宗一郎さんのお話です。

1953年、宗一郎さんは最新鋭の機械を海外からいくつか輸入します。

当時のお金で4億円という大金だったそうです。

周りから見たら信じられないような額の投資だったそうです。

だから購入する時に、ある人に「会社がつぶれてもいいのか?」

と聞かれたそうですが、それに対して宗一郎さんは、「会社は

つぶれるかもしれないが、機械そのものは日本に残る。

それは必ず日本の産業界に役立つはずだ」と答えます。

会社の利益よりも日本の成長を考えているのです。

ところがある日、社員が一番高い機械を壊してしまったんです。

その社員は真っ青になり、「あの機械を壊してしまいました・・・」

と言ったそうです。そこで宗一郎さんが言った一言は、

「ケガはなかったか?」だったそうです。

社員は最初、意味がわからなくて、「いや、だから、あの機械を

壊してしまったんですよ・・・」と繰り返したところ、宗一郎さんは

「仕方がないじゃないか。機械は直せばいい。

でも、人は手や足を切り落としてしまったら元には戻らない。

人にケガがなかったのが一番だ」

それを聞いて社員は涙を流しながら、こう誓ったそうです。

「この人の元で働けて本当に良かった。この人に一生ついていこう」

また宗一郎さんは、66歳で退職し、会長職にも就かずに

仕事からは一気に離れたそうです。

そして何をしたかというと、日本中にあるホンダの事業所700箇所

全部、2人しか働いてないような販売店から工場まですべてを回り、

すべての従業員と握手して「ありがとう、ありがとう、いつもありがとう!」

と言い続けたそうです。

ある時、田舎の販売店で、整備士さんが「宗一郎さんが来た!」

と言って喜んでかけよっていき、握手をしようと手を出した時に「あっ!」

といって、自分の手が油まみれなのに気づきました。

「今、洗ってきます!」と手を洗いに行こうとすると、

宗一郎さんは「その油まみれの手がいいんだ」と言って両手で握手し、

嬉しそうにその手をながめて、その手の油のにおいをかいだんですって、

その整備士さんは感動して涙を流します。そしてそれを見て宗一郎さんも

涙を流したそうです。

このように本物のリーダーというのは、多くのことを知っている人では

なく、本当に大切なものは何かを知っている人なのです。

                        てっぺんさんより


【2011/07/07 21:49】 | 未分類
トラックバック(0) |

いい記事だ~!!
Reso
宗一郎さんて ホントにすごい方だったんですね!! こうして 知る事が出来て よかった・・・(感涙)


村田
ほんとですよね!見習うところがまだまだ沢山あります。

コメントを閉じる▲
当社の大切なお客様から嬉しいお言葉とお写真を頂戴しました。

見てください このお姿、リラックスモードですね!

当社のマットは表面を少しザラつかせてあります。

名づけて Pブラスト仕上!

肉球の未発達な兎にとって鏡面加工では滑ってしまい

かえってストレスになってしまいます。

野生のうさぎはこの時期、穴を掘って冷たい土の中で

過ごすと言われています。天然石を使用することで、

より自然に近い環境になります。

うさぎ専門誌 うさぎと暮らす にも紹介された

当社オリジナル商品です。うさぎ専門店でもご好評を頂いております。

ペットの暑さ対策に最適な天然素材です。

どうぞご利用ください!お求めは石デパで!

CANJNF28.jpg



【2011/07/07 16:42】 | 石デパ
トラックバック(0) |

大変重宝しております<(_ _)>
ましまろ
こちらのペットマット使用させていただいて3回目の夏でございますv-33

初老の愛兎、夏は殆どこの上に鎮座してます
ブログで紹介したらご購入された うさぎ友達もいらっしゃいまして嬉しい限りです

この商品は廃盤されることがないよう願っておりますi-184


管理人
毎度有難うございます。今年は節電のせいかいつもより多く出ています。
廃盤にはなりませんからご安心ください。今後とも宜しくお願いいたします。

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
先日、東京スカイツリーの見学に行ってきました。

来年の竣工を目指して工事も急ピッチ、丁度、生コンを

最上階の展望台に荷揚げしていました。さすがに高いだけ

あってポンプでは上げられないのでしょうね。

昔、このタワークレーンで石材を荷揚げしたものです。

クレーンのオペレーターと無線でやり取り、丸印のポイントに

的確にフックを降ろします。さすがプロの技!

クレーンの先にカメラが付いているんです。

作業員は一度上がったら夕方作業が終わるまで降りてきません。

トイレもあるんですよ。もちろんエアコン付。

憧れちゃいますね!

さて問題、最後に残ったタワークレーンはどのようにして

地上に降ろすのでしょうか?

答えは調べてください。 以上

__ 4

__ 1

__ 2

__ 3



【2011/07/05 20:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
__ 2
よ~く見ると


__ 1
先っぽが曲がってる

【2011/07/05 00:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
ここ總持寺には、故 石原裕次郎さんのお墓がある。

石屋なら一度は見学していきたい。ここには7000基のお墓があるそうだ。

道しるべをたどって行くと、そこには一際目立つお墓があった。

それがこれだ!

__ 1

__ 2

__ 3

外柵は茨城県産の稲田石、墓石(五輪塔)は岡山県産の万成石で

作られたいた。仕上げはビシャン仕上で風合がいい。

さすがに立派なお墓だ。

【2011/07/02 01:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。