FC2ブログ
石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島田市青年会議所・島田市商工会青年部・島田市青年サークルの

トップ会合が行われました。島田市の若手団体が集まったのは初めて

ではないでしょうか。

さぁ!新たなプロジェクトの始まりです。

この3団体が本気を出したら…。想像すると鳥肌が立ちます。

眠っていた寅が目を覚ますときです。

IMG_1279.jpg

スポンサーサイト

【2011/04/30 06:53】 | 青年部
トラックバック(0) |
静岡県石工技能士会の総会に参加してきました。

先日行われた、技能グランプリで優勝した高須さんや3位の森さんも

出席し、いろいろなお話を聞かせて頂きました。来期も技能士会の

皆様には大変お世話になると思いますので、協力し合いながら

良い事業にしていきたいと思います。

IMG_4803.jpg

総会会場から見る景色。この青い海が時に暴挙となる、

こんなに美しいのに…。

【2011/04/29 00:15】 | 青年部
トラックバック(0) |
__ 4

中央の梟は、神奈川県産本小松石。可愛らしく出来ました。
そしてその下の文字、なんと井上蓉花氏の書なんです。
原稿に限りなく近く彫らせて頂きました。

工事完了後、我々は宴会の席に招待された。そこには、教育長、学校長など
長の付く方ばかりが見受けられた。
う…。私には場違いな場所だ。でも裏を返せばこんな事滅多にない。
人生の大先輩が言う言葉にはどれも重みがある。たわいもない会話から
でも心に響く事を言う。だが私は失敗をした。いつも必ず持ち歩いている
ICレコーダーを忘れてきたのだ。私の耳はダンボちゃんとかしたのだ。
これだけの人生の成功者であれば、自分の自慢や成功談議でも話すのかと
思っていたが、全く違っていた。しかも私のような若輩者に自ら頭を下げ、
握手を求めてくるのだ。ありがとう!ありがとう!と…。
なんでだろう?この方達には欲や自尊心が見えない。しかし、とてつもない
オーラを感じるのだ。聞けば皆さん大変な経験をして今の地位があるそうだ。
私も地位や名誉には興味はないが、この方達のような寛大な生き方には
相通じるものがあった。

【2011/04/27 21:31】 | 慈母ふくろう
トラックバック(0) |
先日、業界新聞紙に私のコラムが掲載されました。

まだ11回ありますが…(汗)

そしたら 沢山のメールやお電話を頂きました。

叱られるかな~と思っていましたが、逆でした。

びっくりする方からもメールを頂き涙が出るほど

嬉かったです。反面、残りの記事どうしようです(涙)

プレッシャーに潰されそうですが頑張ります。




【2011/04/27 00:47】 | 日本石材工業新聞
トラックバック(0) |
一年ほど前だった思うけど、父の元同級生が我が家に訪れた。

私達に手みやげのケーキなどを振る舞ってくれて、なんでも無い

会話を少し交わした後、なんと無く神妙な雰囲気になった。

父に何やら相談をしに来たようだった。

こんな変わり者の父に何の相談をしに来たんだろうと、

少し離れた所から会話を聞いていた。

仕事をやめて、自分で店を始めたいということらしい。

自己資金だけでは足りないので、どこかから借りてきてどうにか

店を出せる資金はつくれそうだという。

しかし、借金までして店をだして、上手くいかなかった時のこと

を思うと、今一歩踏ん切りがつかないと言うような話の流れだった。

「思い当たる限りの最悪の事態を紙にかきだしてみろよ」

と父はペンを差し出す。

売上が伸びず赤字経営が続くとか、

食中毒を出すとか、

父の友人はそれを口にしながら、真面目に紙に書き込んでいた。

散々書き込んだあたりで父は

「怖い順に数字を書き込んでみ」と言った。

あれこれ考えながら、言われた通りに順位を付けている

友人に父は続けて言った。

「あ、その中にこの項目を一つ、追加でいれてみようか

『失敗が怖くて何も始めないまま人生を終える』ってのを・・・」

ペンを止めて父を見上げた友人に父が続ける

「今の、何番目に怖い?」

ずいぶんと長い間沈黙が続いた後、「ま、がんばれ」と父は軽く言った。

父の友人は今でも頑張って店を切り盛りしている様です。

              (ネットで拾ってきた言葉より)

そういう時ってありますよね。待っていても来るわけない。

なら自分でつかみに行くしかないですね。






【2011/04/26 00:12】 | 未分類
トラックバック(0) |


Reso
ドキッとしちゃいました~自分に向けて言われた気がして・・・(冷汗) まあワタシの場合は気合充分?なだけに、資金力が一番問題アリなんですけど・・・(苦笑) 別の仕事を「自分でつかみに行く」かどうしようかと、まさに昨晩悩んだところだったんです

Re: タイトルなし
管理人
いつも有難うございます。そうでしたか!人生一度しかないですからね。だったら私も超戦してみようと思うようになりました。「超戦して失敗する事を恐れるよりも何もしない事を恐れろ」の精神ですね。私も新たな事業に取り組みました。成功するかしないかは誰も解りません。資金はもちろん全て借金です!お互いがんばりましょう!

コメントを閉じる▲
__ 3
練馬区の教育長の実家は北海道にある。この石は実家の庭に
あったものを使用した。
100㎏以上ある石を北海道から静岡に運んだのだ。
驚いたのが、全く加工していないのに、すでに翼を広げているように
見えたのだ。ならばこのまま自然の状態をいかそうという結論になり、
土屋氏により目の周りだけを加工した。自然が作り出した石肌も立派な
芸術だ。ところがこの変成岩質の石、とてつもなく硬い、土屋氏の持つ、
石ノミの先が二つも破損、そして、Hメーカーの振動ドリルが全く歯が
立たない。今までこんな硬い石は見たことがない、まるで鉄の塊に穴を
開けているようだった。そうなるとこちらも意地でも開けてやろうと
躍起になった。ようやく10cm程度の深さまで開けることができた。
完成後、教育長の喜びは言うまでもない。何もしなければ捨てられた
石かもしれない。新たな地で生まれ変わったのだ。

【2011/04/24 20:00】 | 慈母ふくろう
トラックバック(0) |
__ 1

東京都豊島区池袋は梟の町。町のあちらこちらには、日本中から選び
抜かれた作家が建立した梟のモニュメントがある。
今回は、東京豊島区池袋第三小学校の敷地内に、25番目のモニュメントが
設置された。今回のモニュメントを製作・設置を任せられたのは、
島田市の作家 土屋誠一氏だ。土屋氏は、通称 ふくろうおじさんの名で
親しまれている。弊社社長 よしひこより、石彫刻の手ほどきを受け、
数年前より本格的に石の彫刻を始めたのだ。今回、2体の梟を土屋氏が製作。
梟を乗せる台座は弊社が担当させていだいた。このモニュメントには、
いろいろな方の想入が強く、とても涙なしでは語る事のできない物語がある。
4回に渡って綴っていこうと思います。

【2011/04/23 23:07】 | 慈母ふくろう
トラックバック(0) |
永代供養塔 縫塔 墓地造成の工事が完了しましたので

ご報告申し上げます。関係者の皆様有難うございました。

20110418_165938_478.jpg 20110418_170032_449.jpg


【2011/04/21 22:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
去る4月14日、京都 山科にある岩屋寺にて、当社の社長 よしひこが

製作、寄贈した不動明王の開眼式が行われた。

同じ日に、よしひこが造りためていた作品の個展も開催して頂き、

訪れた人たちの目を楽しませていた。

よしひこは言う、この先、永遠に残るであろう作品造りに関わる事が

できることは、まさに石工冥利に尽きると感謝している。

そして、未来を担う若者の中に、彫刻を学びたいと思う者がおる

ならば、惜しみなくこの技術を継承していきたいと…。


CAYGO03Y_20110420192328.jpg

CARK6BH5.jpg

CAYYFLXD.jpg


ご用命は、島田市 村田石材までどうぞ。






【2011/04/20 18:58】 | よしひこ 彫刻
トラックバック(0) |
___20110418221101.jpg

ついに夢のコラボ実現!池袋へGo!

【2011/04/19 23:08】 | 未分類
トラックバック(0) |
子供が犠牲になる事件・事故 そして今回の震災。

昨日も忌わしい事故があった。

同じ年代の子をもつ親は、とてもやりきれない気持ちに

なるのは私だけではないはず。

私はそんな時、かならず願う人がいる。そう、ドラえもんだ。

「君の四次元ポケットでこの子たちを救ってくれ!」

数年前、生まれて直ぐに亡くなったお子さんのお墓をお世話

させて頂いたことがる。まだ若い夫婦だが、その子のために

お墓を建てたのだ。納骨の日、お母さんが、この子がたった一人で

暗い納骨室に入れるのは可哀相すぎると、涙を浮かべながら言って

きたことがある。何十年もこの子は一人なのか…。

そこで私は、小さな石のドラえもんを取り出した。

そして小さな骨壷の横に彼を添えてあげたのだ。「きみは一人じゃないよ。」

そして、「あなたの力でもう一度この子を…。」そう願いながら納骨蓋を

閉めたのだ。

あれ依頼、弊社で建てるお墓には幾つものドラえもんが供えられてきた。

そして、彼はいつも笑顔だった。

!cid_07C36671-E5D5-490D-A312-09C48EB7100B.jpg




【2011/04/19 12:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
日本石材産業協会が発行している小冊子、『お墓物語』

お墓にまつわるエピソードが書かれています。

嬉しかったのが、20代や30代の方の記事か多かったことです。

ご先祖を大切にする気持ちを、親から子へ、そして孫へと受け

つないでいってほしいと思います。

CARQ71BE.jpg

【2011/04/18 21:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
__.jpg

今年も総会のシーズンとなりました。今年は6つです。

昨日は、石材青年部代表として、伊豆長岡で行われた県の総会に

出席させて頂きました。伊豆長岡は温泉街です。普段なら観光客で

賑わっているはずなのに、お客さんは少なくひっそりとしていました。

伊豆地方だけで数万件のキャンセルあったと聞きました。

総会後の講演会の最後に、講師がこんな言葉を残されました。

イギリスの自然科学者ダーウィンの言葉からですが、

最も強いものが生き残るのではなく、

最も賢いものが生き延びるでもない。

唯一生き残るのは、変化できるものである。


今の日本を象徴している言葉だと感じました。

今年は、日本、そして我々も変わらなければならない大変な

年になるはずです。大変とは「大きく変わる」と書くように、

良い方に変わるためには、一人ひとりが変わらなければ

ならないと思います。もう一度自分自身を見つめなおし、

今できる事、これからする事をしっかり考えて生活して

いきたいと思いました。




【2011/04/15 21:40】 | 青年部
トラックバック(0) |

大変とは「大きく変わる」こと
Reso
そうですよね~! 硬い石を扱われているけれど
キモチは柔軟に変われる って スバラシイことです♪ 

Re: 大変とは「大きく変わる」こと
管理人
いつもコメント有難うございます。
僕たちは、今できることをやるしかないですね。
硬い仕事ですが、頭は柔軟にいきたいですね!


コメントを閉じる▲
hnb0037-049_m.jpg

全国で行われている花火大会が自粛。

大空でっかく広がる大輪の花に、感動・勇気づけられた人は

少なくないはず、私もそうだったように。

あちらが自粛だからこちらも自粛なのか…

被災地の子供達を招待したら喜ぶだろうなぁ~

【2011/04/13 12:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
物資を送り、義援金を送り、元気を出し、仲間達はボランティアに行き、

大変な状況を送ってきてくれました。話を聞くだけで涙が止まりません。

そして原発はレベル7… 今日本を救えるのは誰なんでしょうか!?

___20110412191932.jpg
名刺 制作費の一部を被災地に寄付させて頂きました。

【2011/04/12 18:58】 | 未分類
トラックバック(0) |
__ 2

島田市金谷地区において、宗旨・宗派を問わない霊園の建設

が始まりました。当初の計画より大幅に変更があり、関係業者様には

大変ご迷惑をお掛けしました事を、心よりお詫び申し上げます。

緑豊かな明るい霊園が誕生します。完成は6月頃を予定しております。

こちらの霊園では、長期に渡って霊園の維持・管理ができるよう、

全て地元の業者で管理運営させて頂きます。

※この霊園は島田市営霊園ではございません。
 島田市営霊園は来年開園予定です。


問合先
うしお霊園管理事務所
 



【2011/04/11 18:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
某寺院より依頼を頂いていた、墓地内のコンクリート土間

工事が完了しましたのでご報告いたします。

雑草やゴミで汚れていた墓地も綺麗になり、気持ちよく

お墓参りがきるようになりました。

__ 1



【2011/04/09 00:45】 | 未分類
トラックバック(0) |
永代供養塔等の本体工事が完了しました。

引き続き、墓地造成工事に入ります。

今回は11区画となります。

いつもは下請けの方にお願いするのですが、当社の別の現場で

いっぱいなので自社で行います。

こちらは、牧之原市の高台にある、一面茶畑の明るい墓地です。

曹洞宗の寺院となります。

1000000202.jpg

【2011/04/08 13:17】 | 墓地情報
トラックバック(0) |
長女は3年前、私立の中学校に行きたい!と母親に申し出た。

母親はいろいろ考えた末、長女に諦めるように説得した。

その時の長女の悲しい顔を思い出した。

母親の理由は、地元の中学で伸び伸び過ごす事を望んだからだ。

夫婦とも勉強は好きではない。だから子供にも勉強を強制させた

ことは全くなかった。

長女が受検する高校を決めた時、私達に言った言葉がある。

「私に人生が2度あるなら、お母さんの言うことを1度は聞くよ。

 でも、たった1度しかない人生だから、お願いだから今度は

 自分で決めさせて…」

ついにきたかこの台詞…。勿論、親は何も言えなかった。

そこには成長した娘とジレンマにたたずむ親がいた。

妻は合格発表の日まで気が気ではなかったはずだ。

今日は娘の高校入学式。真新しい制服に身を包み、

憧れだった高校に晴れて入学できた。

もう高校生なんだなぁ~・・・

自分の子とはいえ成長するのは早いです。

私も訳あって入学式に出席させて頂きました。


1000000226.jpg

娘よ…

これからはあなたの人生なんだから、主役はあなたなんだから、

もう迷うことなく、人生のど真ん中歩いていったらいいんだよ。

ただ、お母さんにちゃんと感謝のお礼を言うこと。

一番あなたを応援していてくれたんだからね…。

良かったなぁ おめでとう!



【2011/04/05 23:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
先生方 元気になってください!

Scan0010.jpg  Scan0011.jpg

まさか静岡で行われると思いませんでした!

良いですよ~


【2011/04/04 19:50】 | 未分類
トラックバック(0) |

へ~こういうのがあるんですね!
Reso
むらせきさんへ
教育関係者のみならず関心のある方に広くしっていただきたい講演ですね~
私のほうのブログでこちらをご紹介させていただいてよろしいでしょうか?


管理人
有難うございます。もちろんOKです。
まだ本番まで時間がありますが、
近づけばかなり話題になると思いますよ。
最初に行った三重県は凄かったですから!

コメントを閉じる▲
長女に続き次女も弓道部に入部した。

今日は始めての大会でした。かなり緊張していましたね。

でも、なかなかかっこよかったですよ!

IMG_8752.jpg

【2011/04/04 01:00】 | 未分類
トラックバック(0) |
先日、お墓ディレクター試験の合否が届いた。

結果は5点足らずで不合格… 今回は完全勉強不足。

後悔先に立たず、全く情けない。

もうどうこう言うつもりはない、受かるまでやろう!

そう心に決めた今日この頃です。


【2011/04/02 21:18】 | 未分類
トラックバック(0) |
日に日に現場よりデスクワークか営業が多くなってきたような…

従業員達がここまで仕上げてくれました。もう私の出る幕では

ないのかな…嬉しいような、悲しいような。

でも有難いです。感謝 感謝

IMG_1003.jpg


【2011/04/02 02:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
弊社社長 よしひこが、次回の作品展のため、京都に出向きました。

某寺院からの依頼で、お寺での作品展が実現することになりました。

大きな作品はトラックで運び、据付を行ってきました。

どんな作品展になるか楽しみですね。

CA7NDUJL.jpg
お寺の正面 もうじき桜が咲いてとても綺麗で静かなお寺です。

CAYGO03Y.jpg
八女石で製作した不動明王です。灯になっています。



【2011/04/01 22:58】 | よしひこ 彫刻
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。