石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓石を建てる際、最も重要なのはその地の状態です。重量物が何十年と有り続ける地には、それ相応の基礎が必要となります。軟地盤にはこの様なプラ杭を打ち込み安定させます。いくら軟地盤とは言っても深いところは硬いです(汗)

DSCN0209.jpg

DSCN0210.jpg
スポンサーサイト

【2008/10/31 00:15】 | 未分類
トラックバック(0) |
住宅のエクステリア工事です。この石は100年前からこちらのお宅に埋まっていたそうです。
この度、新築する事になり、どうにかこの石を使いたい!と、お客様の熱い思いがありました。心を打たれた青島セメント店さんの専務が考案されたものです。30㎝角の柱を当社で切断、板状にした石材をバランス良く配置しました。もう一度日の目を浴びた石材が、お客様の笑顔を誘っていました。
岡崎産 花崗岩 宇寿石です。完成が楽しみです。

DSCN0203.jpg

DSCN0204.jpg



【2008/10/29 22:37】 | 未分類
トラックバック(0) |
本小松石も庵治石 大島石と同じように高級石材です。普通墓石は花崗岩を使用しますが、この小松石は案山岩です。完単に言えば、安山岩は花崗岩より軟質だと思って頂ければ良いと思います。
今回は、この小松石のリフォーム移転工事です。小田原市から島田市へ引っ越しです。古くなった墓石を当社の工場にて再研磨 再文字彫刻です。花崗岩とは違って光沢を出すのに苦労がありますが、最高の光沢が蘇りました。古くなったから新しくするのではなく、御先祖様が建立された大切なお墓です。同じお墓に2世代に渡って手を加えることが出来るのなら、それこそがもっとも良いお墓づくり、先祖供養になるのではないでしょうか。

DSCN0098.jpg
リフォーム前

DSCN0170.jpg
リフォーム後





【2008/10/15 22:27】 | リフォーム
トラックバック(0) |
2泊3日の視察の旅が終わりました。観光はゼロ、しかし満足いく旅でした。日本人なら日本で採れた石材でお墓を造り、安らかに眠って頂きたい、日本の風土にあった石!この地に何万年と有り続けた石!日本の石なら間違いない! 大島石の山西石材さん 庵治石の高橋石材さん ありがとうございました。

DSCN0117.jpg
瀬戸内海

【2008/10/01 21:57】 | 丁場視察の旅
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。