石屋さんのお仕事を中心に紹介しています。 (有)村田石材工業
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比叡山に行った目的は、穴太衆の石積みを見たかったからです。

穴太衆(あのうしゅう)と言えば、石屋なら誰でも解る、

言わずと知れた、お城の石垣等を積んだ石工集団です。

DSCN1123.jpg DSCN1129.jpg

比叡山のふもと坂本町は、穴太衆 誕生の町です。

特に穴太積みは有名で、自然石を殆ど加工せずに隙間な

く積んでく工法です。いわば野面積みです。

江戸時代、セメント等ない時代に、面から3分の1の位置に

重心を置き、栗石を敷き詰め、水はけを良くし、土圧を防ぐ

ことによって長年の風雪に耐えてきました。

見えない所に、秘伝の技術を用いて積んでいきました。

DSCN1117.jpg

現在、この技術を伝える職人は、唯一 栗田建設さん

だそうです。

DSCN1125.jpg DSCN1127.jpg

寺より石垣に目がいってしまいました。

まだまだ見たい所がたくさんありましたので、また

行きたいと思います。

映画 『火天の城』 には穴太衆が登場します。








スポンサーサイト

【2009/11/15 02:52】 | 比叡山
トラックバック(0) |
DSCN1118.jpg

1000日修行!とはいきませんが行って参りました。

DSCN1124.jpg DSCN1119.jpg


この時期、紅葉で大賑わいの延暦寺、1200年の歴史に

触れたくて旅に出ました。特に根本中堂の薬師如来は必見

です。和尚の法話も聞きいってしまいました。

根本中堂には、1200年間一度も消えたことのない不滅の法灯

あります。ロウソクではなく油が燃料で、毎日油を断つことなく

補充していきます。油を断つな!そう、油断するな!

この言葉はここからきているのです。

鎌倉時代、法然、栄西、親鸞、道元、日蓮などの祖師方は皆、

ここ比叡山で修行して仏教を広げていきました。

ただ石屋だけに、この地にG623はなんとも・・・





【2009/11/14 22:46】 | 比叡山
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。